toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「大山の家」地盤調査

<2016-07-12>

~今日はスタッフブログの日です~

ブログ写真20160712

今日は「大山の家」の地盤調査を行いました。
今回もスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)という、
木造住宅の地盤調査では一般的な手法で調査を行いました。
写真のような機械でスクリューのついた棒を地中にねじ込んでいきます。

スクリューをねじ込んだときにハンドルが何回転したかをカウントして、
地盤の固さを測ります。
ハンドルが沢山回転すれば固く、
ハンドルが回転しなくても沈んでいくとやわらかい地盤となります。

この「固い地盤」と「やわらかい地盤」がどの深さにどの程度入っているかによって、
地盤改良工事が必要かどうかを判断できたり、
どれぐらい深くまで杭を打てばいいかが分かります。

今日は「立っているだけで溶けてちゃうんじゃないか…?」
というぐらい日差しもきつくて蒸し暑い日でした。
そんな中でも作業して下さった地盤調査会社の方々、
わざわざ現場に立ち会って下さったお施主さん、
有難うございました。

都会にありながら昔からのご近所づきあいを大切にされている地域に建つ「大山の家」。
ご近所のみなさんにも喜んで頂けるようなお家になるといいなぁ、と思います。

関連記事