toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

3.75畳の私の寝室

<2016-07-27>

fujimi寝室

私の寝室です。
広さは、わずか3.75畳。
でも、十分な広さだと思っています。

3.75畳をさらにコの字形の壁で半分に仕切り、
一方の床を40cmほど上げて、小上がりとし、ベッド代わりにしています。
枕元には、無垢板のベッドヘッドカウンター。
携帯や目覚まし時計、眼鏡置場として利用しています。
足元には、造り付けの本棚。一段の高さを有効34cmとして、A4ファイルボックスなどが、ぴったりと納まるようにしています。

fujimiテーブルライト

残りの半分のスペースは仕事スペース。
机のカウンター材は、センの耳付き一枚板。
この板は、結婚祝いに、当時の職場仲間からもらったもの。
今も大切に使わせてもらっています。
椅子は、アルネ・ヤコブセンのアントチェア。
これも、長年、愛用しています。

fujimi寝室

好きなモノだけに囲まれて、シンプルに暮らす。
狭くても快適です。
いえ、むしろ、この狭さが快適なのかもしれません。

「富士見の家」
所在地:東京都練馬区
構造規模:新築木造2階建て
延床面積:23坪+ロフト2.5坪
家族構成:40代夫婦+子供1人

「富士見の家」では、年2回、住宅見学会を開催しています。
ご興味のある方は、こちらのページよりお問い合わせください。

関連記事