toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

長崎の教会2

<2016-08-26>

~今日はスタッフブログの日です~

世界遺産候補となっている長崎の教会郡(の一部)を訪れた際の写真を先日投稿しましたが、

今回は番外編で、私の一番のお気に入りとなった教会をご紹介します。

(内部は撮影禁止ですので外観のみです。)

ブログ写真20160826-2

「日本二十六聖人聖フィリッポ教会(西坂教会)」(写真右)

ブログ写真20160826-1

ちょっと異様な感じでガウディぽいですね。

設計は今井兼次。

ガウディを日本に紹介した人物なのです。

ブログ写真20160826-3

隣接する西坂公園からの全景。

坂を登ったところにいきなり現れたこの光景にまずやられてしまいました。

奇抜な見た目ではありますが、中はこぢんまりとして可愛らしく

光がたくさん入る明るい教会でした。

ここ西坂の丘というのは、秀吉によるキリシタン禁止令により、

外国人宣教師や日本人の信徒計26名が処刑されてしまった場所です。

それから100年後、処刑された二十六聖人の記念碑(一番最初の写真・左側)と

記念館(これも今井兼次設計)が建てられました。

ローマ教皇が定めるカトリック教徒の公式巡礼地でもあるそうです。

二十六聖人の記念碑は彫刻家の舟越保武(舟越桂のお父さん)の作品で、

力強くて吸い寄せられるようで、とても見ごたえがありました。

記念館と合わせて半日をこの場所で過ごしてしまうほど離れがたかったです。

(お陰で軍艦島に行く予定をキャンセルしました…)

関連記事