toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「とと姉ちゃん」最終回

<2016-10-01>

hoya_外観-1

今日は、「とと姉ちゃん」最終回でした。

いろいろと感動したドラマでしたが、
一番、共感したのは、広告を取らない雑誌作り
といったところでしょうか?

つまり、自分たちのポリシーを守る
誌面づくりのために、一切のしがらみを
断ち切っているということです。

建築の設計もそうありたいと考えています。
時々、事務所にも、あらゆる会社や団体から、
甘い誘惑の電話がかかってきます。(笑)
その誘いに乗れば、楽に仕事を受注できます。
でも、やせ我慢しています。
基本的に建て主さんからの直接契約の仕事
をお請けするようにしています。

とと姉ちゃんが、「多くの女性の役に立つ雑誌づくり」
を判断基準としていたように、アトリエ橙では、
常に、建て主さんにとって正しいか、という視点で
モノゴトを考えるようにしています。

その時に、受注側の利益や効率性を重視してしまうと、
判断を間違えてしまうような気がしています。

曖昧な書き方をしているので、
伝わりにくいかもしれませんが(笑)、
これからも、建て主さんから、直接、
仕事を依頼して頂ける事務所で
あり続けるよう努めたいと考えております。

こんなことを書いて、
また、自分で自分の首を絞めてしまったかな。(笑)

関連記事