toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「PT306」一年点検

<2016-10-25>

~今日はスタッフブログの日です~

今日は去年竣工したマンションリノベーション物件PT306の一年点検でした。
一年点検は、一年間住んでみて不具合などが無いかを確認させて頂くとともに、
お施主さんが住みこなされている様子を伺うことができるとても楽しみな日でもあります。

「入居してから置くものを厳選してるので、モノがあまり増えていません」
とお施主さんがおっしゃる通り、
お家の中は竣工時とほぼ変わらないぐらいとてもすっきりとされていて、
びっくりしてしまいました。
そしてその中にぽつぽつと置かれた器や家具もとても素敵。

このお家のお風呂は壁面にヒバを張っているのですが、
一年経った今も綺麗なまま。
洗面カウンターや床にもワックスがけをしてこまめに手入れをしてくださっているそうです。

インテリアやメンテナンスなどから、
このお家を大切にしてくださっていることがひしひしと伝わってきて、
とても嬉しくなりました。
里親さんに出した子が愛されている様子を見たブリーダーの気分です。

お昼時には、お施主さんお手製の「だまこもち」を頂きました。
簡単に言いますと「きりたんぽのお団子版」といった感じで、秋田県の郷土料理だそうです。
お団子もお汁もとても美味しくて、心も体も温まりました。
PT306のお施主さん、現場監督さん、今日は有難うございました。

関連記事