toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

マンションから一戸建てへ引っ越した時の光熱費の比較

<2017-02-27>

blogphoto20170214

昨年、マンションから一戸建てに引っ越しをして、
最初の夏と冬を経験しました。

四周上下を住戸に囲まれた鉄筋コンクリート造から、
四周上(下)を外気に囲まれた木造住宅に温熱環境が
変化したので、光熱費がどうなるのかが心配でした。
(窓の数も3箇所から20箇所に増えました。)

特に、うちの家族は、節電という意識が少々薄く、、
電気の消し忘れ、冷暖房は遠慮なくという
生活習慣の人たちなので、心配でした。
(今後は改善していきたいと思います。)

ちなみに、
引越し前は、夏はエアコン1台、冬はガスファンヒーター1台、
引越し後は、夏はエアコン3台、冬はガス床暖房+エアコン3台
という感じです。
明らかに稼働する冷暖房設備は増えました。

電気+ガス料金の合計金額を
1月と7月で比較してみると・・・

1月のガス+電気料金は、引越し前に比べ、3257円減。
7月のガス+電気料金は、引越し前に比べ、4731円減。

意外にも、引越し前のマンションより、
光熱費が下がっており、ビックリしました!

要因として考えられるのは、
長年、使っていたエアコン、冷蔵庫、
洗濯機、テレビを買い替えたことによる省エネ、
一部の照明器具をLEDに替えたことによる省エネ、
木造のわりには断熱性に優れた構造であること、
・・・などでしょうか。

今シーズンは、たまたまかもしれませんので、
引き続き、データを蓄積して検証していきたいと思います。

blogphoto20170214
関連記事