toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

建て主さんご夫妻からのお手紙

<2017-03-20>

blogphoto20170214

「大山の家」の建て主さん(通称ユカリストさん)
ご夫妻それぞれから、
お礼の手紙を頂きました。(以下、一部抜粋)

「最初にお会いしてから約1年半くらい経つのですね。
 何もかも初めての私達にとっては不安だらけでした。
 毎回、わかりやすく丁寧に、また、こちら側に寄り添って
 考えて提案して頂いて、信頼という繋がりが持てたと思います。
 本当に素敵なお家を有難うございました。」(奥様)

「家の完成の喜びと皆様との別れ、何やら複雑な心境です。
 もし、奥山さん、美春さんが気分転換したい場合、
 映画も良いですが、今度はぜひ、『大山大爆笑!喜劇』などで
 気分転換はどうでしょうか?
 爆笑ネタとコージーコーナーのシュークリームで
 お待ちしています。」(ご主人)

有難いお手紙です。
この1年半、苦労をした感覚はありませんが、
それでも、こういう言葉を掛けて頂くと、
報われた気持ちになります。
同時に、家を一軒つくる大変さと責任の重さを
改めて実感しています。

住宅の設計がこんなに大変なことだとは、
学生の時は想像もしてませんでしたし、
こんなにもやりがいのあることだとは、
思ってもみませんでした。
ご依頼頂けることだけでも幸せなことだと思います。

さて、また、次の家づくりが始まります!
しっかりと責任を果たせるよう、スタッフともども、
集中して前へ進みたいと思います。

時々、大山劇場へ寄らせて頂き、
シュークリームをご馳走になろうと思います。笑

タグ:
関連記事