toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「大山の家」特集その7

<2017-04-09>

blogphoto20170214

外観
屋根:ガルバリウム鋼板
外壁:左官仕上げ(ジョリパット)
軒裏:ケイカル板
木塀:レッドシダー+保護塗料

大山の家の敷地は角地でニ方が道路、一方は駐車場、
ということで三方が外から丸見えです。
こういう敷地は、エアコンの室外機や給湯器を隠すところ
がなくて、苦労します。
今回は、そのため、道路沿いに黒い木塀を立てて、
それらの設備機器類や配管をゆるやかに隠しています。

実は最初のプランニングの際、一番、最初に考えたのが、
目隠しのたまのこの黒い木塀でした。

blogphoto20170214

玄関ポーチ
外壁:左官仕上げ(ジョリパット)
ポーチ床:磁器質タイル
玄関扉:木製(米松)玄関ドア

隣りのご実家とのアプローチを兼ねる
玄関ポーチは広めに計画しています。

タグ:
関連記事