toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

番付表

<2017-04-13>

blogphoto20170214

先場所の番付表です。
先日、外部スタッフyuiにもらいました。
(実は今日も手伝いに来てもらっています。)
番付順に字の大きさが異なり、
序の口の力士となると、虫メガネで見ないと読めません。
もっとも、実際に書く大きさは、番付表の4倍の大きさで、
それを縮小印刷して配られるものですが。

ところで、この番付表、誰が書いているのでしょう?

1力士 2行司 3呼び出し 4親方 5床山

blogphoto20170214

正解は、2番の行司 です。
今は、三役格行司3代木村容堂さんが書いていらっしゃいます。
ちなみに、土俵をつくるのは、3番の呼び出しさんの仕事になります。
5番の床山(とこやま)さんは、力士の髷を結うことが仕事ですが、
床山さんの世界にも力士同様、階級があり、3年間の見習い期間の
月給は2万円以下だそうです。厳しい世界ですね。

blogphoto20170214

・・・すいません、仕事と全然、関係ないネタで。
忙しいのか、ヒマなのか、わからないと言われそう。笑

関連記事