toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

建築家の卵

<2017-05-01>

昨日は、久しぶりに「保谷の家」へお邪魔させて頂きました。
竣工したのは2012年ですので、もう5年前。

当時、5歳だったお姉ちゃんは、すっかり美人さんに。
2歳だった弟くんも、お兄ちゃんらしくなりました。
さらに、末っ子ちゃんが生まれて、もう5歳。
月日が流れるのは、本当に早いものです。

blogphoto20170425

2歳だった弟のK君、私のことは覚えていないだろうなと
思っていたのですが、竣工の時に撮影した記念写真で
覚えてくれていたみたいで、
「写真と変わっていない。」と言ってくれました。
「ありがとう。君はだいぶ変わったよ。(笑)
 こんなに小さかったんだから。」

さらに、大きくなったら、
「家をつくる人になりたい。」と恥ずかしそうに、
教えてくれました。
「嬉しいなぁ。それを聞けただけでも、今日、
 遊びに来た甲斐があったよ。
 頑張ってね。楽しいよ。」

提案の時に作成した模型を当時から飽きることなく、
見て触って楽しんでくれていたみたいです。

最近、あちらこちらの建て主さん宅に、
建築家の卵が生まれつつあります。(嬉)

超若手建築家に負けないように、
これからも頑張り続けたいと思います。

今日は、ちょっとした不具合があって
お邪魔させて頂いたのですが、思いがけず、
楽しい休日となりました。

関連記事