toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「F-HOUSE」から始まるご縁

<2017-05-13>

先日、街中で偶然、
「成田東の家」の建て主さんにお会いしました。

「成田東の家」の建て主さんは、
賃貸住宅「F-HOUSE」のオーナーさんでもあります。

私が独立して、最初に新築物件のご依頼を受けたのが
賃貸住宅「F-HOUSE」でした。

blogphoto20170509

設計契約をして頂いた帰り道、嬉しくて、
阿佐ヶ谷駅の階段を軽やかに駆け下りたのを
思い出します。
たぶん、顔はニヤけていたと思います。笑

「F-HOUSE」は、最初の入居者が
決まるまでは時間がかかったものの、
その後は、常に満室状態だそうで、
皆さん、長く住んで頂き、空きが出ても、
すぐに次の入居者が決まるとのこと。
設計者冥利に尽きます。

「F-HOUSE」竣工から数年後、
今度は、ご自宅「成田東の家」も
設計を依頼して頂きました。
これまた、嬉しいご依頼でした。

blogphoto20170509

さらに、「成田東の家」を通りかかった
ご近所の方が、のちに、設計をご依頼して
頂いて完成したのが「成田西の家」。

blogphoto20170509

また、「成田東の家」を見学され、
吹抜け空間を気に入って頂いて、
設計のご依頼を頂いたのが「早宮の家」。

blogphoto20170509

さらに、賃貸住宅「O-HOUSE」。

blogphoto20170509

どの物件も本当に有難いご縁です。

あの時、阿佐ヶ谷駅の階段を駆け下りながら、
感じた感謝の思いを今も忘れずに設計活動を続けています。

関連記事