toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「西落合の家」現場報告その2

<2017-06-06>

~今日はスタッフブログの日です~

blogphoto201700606

今日は「西落合の家」現場へ。
「水盛り遣り方」がスタートしました。

「水盛り遣り方」とは、
工事を始める前に、建物の正確なレベル(高さ)と位置を出す作業です。
昔は水平を測るために水を使ったので「水盛り」と呼びます。
今は水ではなく機械を使って水平をとりますが、
それでも昔と大きく変わらないと思われる、
アナログな方法で行います。

まず、上の写真にあるような、板でできた柵。
こちらが一階の床の高さをあらわしています。

blogphoto201700606

そして柵に巻尺をあてて寸法をとり…

blogphoto201700606

印をつけて水糸をピンと張ります。
この糸を建物の外形ライン上に張り、
建物の角から敷地境界線までの距離などを測って、位置が正確かどうか確認します。

基礎屋さんと監督さんが丁寧に位置をとって下さったお陰で、
配置は問題なし!
次のステップは水道、ガスの配管、電気の配線、
そしていよいよ基礎工事です。

関連記事