toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

面倒な家事「アイロン掛け」を少しでも楽にする家づくり

<2017-06-21>

嫌いな家事で必ずと言ってもいいほど、
上位にランキングされるのが、
「アイロンがけ」ではないでしょうか?

低いタイプのアイロン台だと、足腰が疲れるし、
スタンドタイプのアイロン台だと、
セットしたり、折りたたむのが面倒。
しまうところがなくて、あるいはしまうのが面倒で
ついつい、出しっぱなしっていうご家庭もあるのでは?

そして、作業が孤独。
家族が楽しそうに団らんしているのに、
なぜ自分だけアイロン掛け?!
というシチュエーション。

blogphoto20170517

この「アイロン掛け」問題を解決すべく、
アトリエ橙のショールーム「富士見の家」では、
LDKの片隅、脱衣洗面所の近くに、
アイロン台専用の収納スペースを設けました。

スタンドタイプをたたまずに、
そのまま仕舞うことができるスペースです。

使う時には、横に滑らせてセットするだけ。
これだけで、かなり面倒くささが軽減されます。
もちろん、コンセントも近くにあります。

写真正面の引き戸は、脱衣洗面所の出入り口。
洗濯機、浴室暖房乾燥機から近く、
アイロン台は、洗濯動線の延長線上にあります。

上部にはトップライト。
明るい上に、季節によっては、
涼しい風が吹き下ろします。

LDKの片隅にあるので、テレビを見ながら
アイロン掛けもできますし、家族の団らんの中で、
アイロン掛けをすることができます。

アイロン台のためだけのスペースというのも、
ちょっともったいないように思えますが、
そのちょっとした「無駄」が、
日々の生活を楽にして、気持ちにゆとりをもたらすのです。

実は、見学会を開催した時に、
女性の一番人気はこのスペース。
(本当は女性だけでなく、男性にも喜んで欲しいのですが。)

アトリエ橙ショールーム「富士見の家」
次回見学会は、
2017年8月6日(日)を予定しています。
家づくりにご興味のある方、
ぜひ、実際に見にいらしてください。

blogphoto20170517
関連記事