toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「西落合の家」施工前打ち合わせ

<2017-06-23>

blogphoto20170517

昨日は、工務店の監督さん、助監督さん、施工図担当の方に、
事務所に来て頂き、スタッフを含め5人で3時間近く打ち合わせ。

アトリエ橙の場合、上棟の前に、一度、こういう機会を
設けさせて頂いております。
本格的に現場での定例打ち合わせが始まる前の段階で、
一同がテーブルにつき、
設計図全般の読み合わせを行なうのです。

図面で読み間違えられそうなところ、
現場側の意見を聞きたいところ、
各職人さんに伝えておいてもらいところ、
などを工程より先行してお伝えするようにしています。

こういう機会を設けることで、
発注ミスを防いだり、
工程がスムーズに流れたり、
図面以上の精度で施工ができたり、
さまざまなプラスの効果が表れます。

事務所でこういう打ち合わせを行なう
設計事務所は少ないようで、
初めてお付き合いする監督さんからは、
「どういう打ち合わせをするのでしょうか?」
と聞かれることもありますが、
打ち合わせの後は、
「いいですね、こういう打ち合わせ。」
と言って頂けることがほとんどです。

何より、設計者と施工者のコミュニケーションを
早い段階でとれることが一番の効果かなと思っています。

より精度の高い現場を
設計者と施工者が同じ方向を向いて
進めていきたいと考えております。
今回もいいメンバーです!

関連記事