toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「MM205」現場報告その1

<2017-07-14>

~今日はスタッフブログの日です~

blogphoto20170714

今日はマンションリノベーション「MM205」の現場にて、
解体後の現況調査を行いました。

内装材が取り払われ、がらんとした状態の「MM205」。
既存の排水管や電気コンセントがむき出しの状態です。

まずはこの状態で各業者さんをお呼びして、
新規のパイプをどこで接続するか、
排水ルートは計画通りにとれそうか、
ダクトのスリーブの穴は予測通りか、
テレビ、インターネットの配線の状況
などを見て頂きます。

もし、事前の予測と違う状態であったり、
想定していない施工がなされていれば、
設計を変更する可能性も出てきます。

計画の段階でも、そういった変更に対応できるよう、
若干幅を持たせた設計をしています。
この工夫が、新築とは違うところのひとつ。
なかなか奥深いです。

今日は水道屋さんに来て頂いて、
給水、給湯、排水の状況を一緒に確認しました。
今のところ、配管ルートはきちんととれそうなので、一安心です。

関連記事