toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

建築の本

<2017-08-06>

~今日はスタッフブログの日です~

建築の本

地元の図書館に行った時は
とりあえず「建築」の棚を見るようにしています。
今回は藤森照信さんの「銀座建築探訪」を借りてきました。

藤森照信さんは建築史家であり建築家でもあります。
建物の歴史、トリビアとデザイン的な視点からの観察がバランスよく、
少しユーモアもある語り口が飽きさせません。
建築に関わりがある人だけではなく、
「銀座の街並が好き」という方々にも向けた本なのだと思います。
私自身、もっと早く、できれば学生時代に
こういう本を読んでおけば良かったなぁ…と思う一方、
銀座を歩いたり買い物できたりするようになったのはつい最近で、
「あ〜あの建物ね」とピンとくるようになった今頃に
読むのがやはりちょうど良かったのかもしれません。

現在国立近代美術館で開催中の「日本の家展」や、
秋からの安藤忠雄展、映画「コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」など、
なんとなく建築ブームを感じる今年の夏です。

関連記事