toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「MM205」現場報告その8

<2017-09-12>

~今日はスタッフブログの日です~
リノベーション断熱材施工

マンションリノベーション「MM205」は、
天井、壁下地工事が進み、断熱材が入り始めました。

写真の青いボードが断熱材のスタイロフォームです。
ホームセンターにもよく売っているので、
馴染みのある方も多いかもしれません。

紙やすりやヒートカッターで自由な形に加工できるので、
私は学生の頃、スタイロフォームを模型の材料として使っていました。
この青色を見ると、粉まみれになりながら学校の課題制作をしていた頃を思い出します…。

現場では下地材の隙間に合わせてスタイロフォームをカットし、
外気に面する壁を埋めます。
断熱材を施すことで、コンクリートのみの状態よりも、
夏の外の暑さを伝えにくく、冬の暖房を逃しにくい空間ができあがります。

この後はフローリングを張り、
間仕切り壁の施工に入ります。

関連記事