toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

まずは、敷地調査・役所調査から

<2017-09-14>

敷地調査

先週末にご相談頂いた物件、
まずは、敷地調査・役所調査。

敷地裏側に都市計画道路が通っており、
いずれは、家の裏側が表通りに面するという特殊な敷地。
現地を見てきましたが、高低差もあり、なかなかの難条件。

売主の業者さんが、建売住宅や建築条件付き売買をあきらめ、
土地代を値下げして、さらに建築条件付きを外したという
売買条件の経緯の理由もよくわかります。

でも、規格化住宅が納まらないこういう土地こそ、
設計事務所の設計が向いています。
むしろ、楽しく感じます。笑
難条件なので、工事費が心配ですけどね。

続いて役所調査。
都市計画課から始まり、建築指導課、道路管理課、生涯学習課。
法的な規制や手続きについて、各課をまわりヒアリングを行ないます。
最近は、インターネットでも調べることが出来るのですが、
アトリエ橙の場合は、インターネットで下調べを行なった上で、
念のため、役所にも足を運ぶことにしています。

役所の後は、水道局へ。
給水管の引き込み状況について調べます。
今回は、すでに20ミリ管が引き込まれていることがわかり、ひと安心。

はやる気持ちを抑えつつ、まずは地味な下調べが続きます。

関連記事