toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

階段の昇り降り

<2017-09-18>

マンションから一戸建てに引っ越してみて、良かったことは、いっぱいあるのですが、逆に、ちょっと面倒だなぁと思ったのは、階段の昇り降り。

階段

一日のうちに、こんなにも階段を昇り降りする回数が多いとは想像していませんでした。

「あっ、あれ、持って下りるのを忘れた。」
「ついでに、〇〇してくれば良かった。」
「上の階の窓、閉めたかな?」
などなど。

つい、さっき、階段下りたのに、また、すぐ登らなきゃ。
ということが、しょっちゅうあります。

ただ、考えようによっては、知らず知らずのうちに、階段の昇り降りは、適度な運動になっているのかもしれません。

以前、取り壊しがすでに決まっていた同潤会という古いアパートを見学させてもらう機会がありました。エレベータなしの4階建て。
お住まいになられているのは、全て高齢の方々。2/3の部屋が空き部屋になっていました。亡くなられた方の部屋から空き部屋になっていくそうです。
1階は空き部屋。4階もほぼ空き部屋。2階、3階に居住者の方が集中して住まわれていました。
つまり、適度な階段の昇り降りが、足腰の健康に役立っていたそうです。

関連記事