toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「西落合の家」現場報告その15

<2017-10-04>

今日も棟梁と監督さんと、細かい納まりについて打ち合わせ。
棟梁も監督さんも、いつも前向きな提案をして頂けるので有難いです。

「ここは、こうしかできないですけど、ダメですか?」
という質疑ではなく、
「ここは、こうしたら良くなると思いますけど、どうでしょう?」
という感じ。

今回は、ほぼ棟梁ひとりで一軒まるごと造って頂いています。
現場でひとつひとつの作業を見ていると、完成までは、
気が遠くなるほど膨大な作業の積み重ねであることを実感します。

それにも関わらず、手を抜くことなく、
より良いものを造ろうというプロ意識。
私達設計者も見習いたいと思います。

和室天井

写真は、和室の低い天井部分。
ヒノキの無垢羽目板が綺麗に張られていました。

関連記事