toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

アートな仮囲い

<2017-11-14>

~今日はスタッフブログの日です~
仮囲いのウォールアート

先日、渋谷を歩いていたら
工事現場の仮囲いに漫画「AKIRA」の絵が描かれているのを見つけました。
調べてみると、渋谷PARCOの建て替え工事の仮囲いを活用した企画で、
春頃から掲出されているようです。
工事は2019年まで、作品の舞台は2020年の東京。
作品の設定や、絵の荒々しい雰囲気が、渋谷という街に良く合っているなぁと思いました。
(漫画のように、ボロボロの東京にはなってほしくないですが!)

仮囲いといえば、
ブリュッセルにあるルネ・マグリット美術館は建設中の仮囲いに、下の写真(写真はウィキペディアから引用しました。)のようなだまし絵がプリントされていたそうです。
この話を雑誌の記事で目にしたとき、工事中なのに見に行きたくなっちゃうぐらい素敵なアイディアだな…と思ったのを思い出しました。

仮囲いのウォールアート

数年を要するような工事の場合、工事現場の様子も風景として街ゆく人々の目に触れるので、
こういった力の入った企画も意義があるなぁと感じます。

関連記事