toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

ポータブルテレビで変わる?住宅設計

<2018-02-19>

ポータブルテレビ

最近、設計打ち合わせの中で、建て主さんからよく話題になるのが、ポータブルテレビのプライベート・ビエラ(パナソニック)。

ワイヤレスで視聴できるので、家のどこでもテレビを観ることができます。大きさは、10インチ、15インチ、17インチ。防水性能もあるので、浴室でもテレビを見ることができます。

でも、一番の需要は、キッチンや食卓かもしれません。

朝食の支度をしながら、朝のニュースが見たい。

食卓で後ろを振り向かなくてもテレビが見たい。

そういう要望にポータブルテレビは応えてくれます。

これから、ますます普及していきそうです。そして、住宅を設計する上でも、リビングとダイニング、リビングとキッチンの関係が変化していくような気がします。

これは、住宅設計のためにも実体験・研究が必要だろうという大義名分を得て、池袋の家電量販店に行きましたが、2万円代の製品は売り切れで8日間待ち。オリンピックが終わってしまう。

本当はカーリング観戦のために購入したかったので、実体験・研究はあきらめました。

関連記事