toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

宇都宮散歩その3

<2018-04-05>

ぎょうざ

地元のことは、地元の人に話を聞くに限ります。宇都宮城跡で声を掛けて頂いた地元の方にいろいろとお話を伺いました。

宇都宮市の歴史には、2度の大火という悲劇があったそうです。一度目は戊辰戦争(宇都宮城の戦い)、二度目は太平洋戦争(宇都宮大空襲)。2度の大火によって、それまでの産業や史跡が壊滅的な被害にあったそうです。現在、中心街に、観光資源が少ないのは、そのためだそうです。

中心街から少し離れたところにある大谷石の採掘場跡が、最も人気のある観光スポットでしょうか。しかし、その大谷石採掘場跡地も、平成の始めに起きた地盤の陥落事故で観光客が激減。

困った宇都宮市は、新たな観光資源として、「ぎょうざ」に着目したそうです。タイミングよく、宇都宮を訪れたテレビ東京「おまかせ!山田商会」(山田邦子さんの人気番組)のプロデューサーに観光係長が猛アピール。7週連続で宇都宮ぎょうざが取り上げられることになったそうです。こうして、食による町おこしは、大成功を納め、我が家のように、ぎょうざを食べるためだけに、宇都宮に1泊旅行へ行く人が後を絶たなくなったようです。

思い立ったら、すぐ行ける宇都宮。おすすめです。

関連記事