toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

現在2軒のマンションリノベーションが進行中です。

<2018-05-11>

昨日、今日と、マンションリノベーション設計打ち合わせ。昨日は横浜の「YB307」、今日は錦糸町の「AH401」、共に中古マンションを購入されてのリノベーション計画。

かつては、マンションのリフォームというと、壁紙を貼り替えたり、和室をフローリングに変更したり、システムキッチンを入れ替えたりという修繕のイメージに留まっていたと思うのですが、最近は、内部を全て解体し、スケルトン状態から、間取りを造り変えることができる(リノベーション)という認識が広く知られるようになってきたように思えます。

3年前くらいから、リノベーションブームが続いています。アトリエ橙は、設立当初の18年前から、マンションリノベーションに取り組んでまいりましたので、リノベーションブームが始まった時に、「これは、依頼が殺到するかも。どうしよう?どうしよう?」とお待ちしておりましたが、ブームと共に、不動産会社を始め、鉄道会社や家電量販店まで、大手の会社さんが次々とリノベーション産業に算入してこられましたので、すっかり、うちは、埋没してしまいました。笑

それでも、こうして、毎年、コンスタントにマンションリノベーションの設計依頼を頂けるのは、嬉しいことです。リノベーション会社とは似ているようで異なる、設計事務所によるマンションリノベーション、その価値に気づいて頂けた方々に、全力で期待に応えていきたいと思っています。

「YB307」は実施設計終盤、「AH401」は基本設計完了間近といったところです。引き続き、頑張ります。

blogphoto20170714
関連記事