toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

建て主さんインタビュー「MM205」その2

<2018-06-16>

その1は、こちらのページ

(橙)

最初まずヒアリングをさせて頂いて、それからプラン提案をさせて頂いた時の印象はどうでしたか?

(奥様)

最初のプランは、玄関、水まわり、子供室のあたりは、素晴らしいなと思ったのですけど、リビングと主寝室はもうちょっと話したいっていうのはありました。

(ご主人)

最初のプランの方が、収納も広かったから、もしかしたら、プランの答えとしては合ってる。でも、その時点で、うちがどうしたいか迷っていたので、提案からはひっくり返しちゃいましたけど…。

(工務店)

結構、最初のプランから、変わっているんですか?

(橙)

最初は、こちらが収納を優先してプランニングしていたんですよ。そのあと色々ヒアリングをさせていただくと、望まれているのは、そういう答えではないなとわかりまして。設計期間を今回、長く頂いたので、そのあたりを繰り返しやりとりさせて頂けて良かったです。

(ご主人)

迷うのに付き合って頂いたって感じですよね。

(奥様)

多分リフォーム会社さんだったから、2~3回の打ち合わせで決めて、「ほんとにいいのかな?」って感じで終わっていたんじゃないかな、って思うんです。そこを「どう思いますか?」って奥山さんに何回も訊く、みたいな。奥山さんだったらどうしますか?って。でもそういうのをやって頂いたからここまで来たかな、って。

つづく・・・。

関連記事