toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

イサム・ノグチの彫刻

<2018-08-19>

~今日はスタッフブログの日です~

今日は東京オペラシティアートギャラリーで開催中の

「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へー」を観に行ってきました。

日本人の父とアメリカ人の母を持つ彫刻家で、

提灯の様なスタンドライトが今でも人気です。

(写真は撮影可能だった展示品です)

 

「人と彫刻の関わり方」に長く向き合った人で、

今回の展示でも庭園や遊具、噴水のデザインなどが多く取り上げられています。

個展の配置を谷口吉郎(ホテルオークラ旧館を設計した建築家で谷口吉生さんのお父さん)が担当していたり、丹下健三から仕事を依頼されたりと、建築家との関わりも密であったことが解説されていました。

 

これまで美術館の常設展示や企画展などで見たことはあったのですが、イサム・ノグチ個人に焦点を当てた展示を見たことはありませんでした。

今回改めて色々な作品をじっくり見ることができて心が洗われました…。

 

開催期間は9月24日(月)までです。

ホームページはこちら

 

関連記事