toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

「極度乾燥(しなさい)」

<2018-08-26>

東京も暑いのですが、赤道直下の国シンガポールも、もちろん暑かったです。少し歩くだけで、あっという間にTシャツは汗でビッショリ。現地のユニクロでTシャツを買い足しました。シンガポールには、世界中から多くの企業が進出しているので、ユニクロの他、H&M、ZARA、forever21、無印良品など、買い物は日本にいる時と変わらない便利さです。

そんな中、高級ブティック街に、妙にインパクトのある看板を見つけました。

どうやらファッションショップのようです。シンガポールにも、怪しいバッタものの店があるのか、と素通りしてしまいましたが、気になって後で検索してみると、何とイギリスの高級ファッションブランドであることがわかりました。

デビッド・ベッカム、レオナルド・ディカプリオ、ダニエル・ラドクリフが愛用し、イギリス、ドイツ、アメリカなど全世界的に大流行しているブランドだそうです。日本であまり知られていないのは、スーパードライという商標登録の問題で発売できないからだとか。

ただ、そもそも、スーパードライという名称は、日本に住んでいたイギリス人のデザイナー(ジュリアン・ダンカートン)が日本のビールの名称をクールだと思い、名付けたそうです。そして、スーパードライをグーグル翻訳でかけた結果、表示された日本語「極度乾燥(しなさい)」をそのまま名称にしたそうです。

間違った日本語であることも、わかった上で、名称として使用しているのは、日本にいる時に、日本人が変な英語のTシャツを意味もわからず着ていることをおもしろ可笑しく思ったからとのこと。わぁー恥ずかしい。

帰国して、自分が変なTシャツを持っていないか、慌てて確認しました。皆さん、気をつけましょう。

「極度乾燥(しなさい)」Tシャツ、1着くらい買ってくれば良かったな。だんだん、クールでカッコよく見えてきました。

関連記事