toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

最近読んでいる本

<2018-09-11>

~今日はスタッフブログの日です~

先日、このような小説を買いました。
小説の中に登場する文字を使った仕掛けが沢山ある、トリッキーなお話です。
装丁も和紙に墨で文字を描いたような触り心地。隅には朱印。

 

特に話題になっていたのはこの部分です。
本文とルビで全く異なる文章が収められています。読んでいて非常に楽しいのですが、かなり混乱します。
校正も大変な作業であったらしいと聞きました。

 

書籍の校閲担当者を主人公にしたドラマを見てから、このような部分にどれだけ多くの人達の力が注がれているか思いを馳せるようになりました。

影の努力を感じさせずに人の心を動かすものをつくるのは勿論素晴らしいのですが、背景を知ってさらに面白さが広がることもあるなぁ、と実感しています。
関連記事