toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

元町・エリスマン邸

<2018-09-21>

マンションリノベーション「YB307」の現場へ行く時に、いつも気になる建物があります。

もう現場へ通うのも、あと数回なので、ちょっと調べてみようと思って検索をしたら、なんと、設計はアントニン・レーモンドでした!レーモンドは、巨匠フランク・ロイド・ライトの弟子で、日本建築界の巨匠・前川国男や吉村順三の師匠でもあります。日本のモダニズム建築に大きな影響を与えた人物と言って過言ではありません。

現場が終わる前に気づいて良かったです。これを見ずに帰っていたら、建築関係者からあきれられるところでした。笑

エリスマン邸は、独立初期の頃の仕事のため、まだ、師匠フランク・ロイド・ライトの影響が色濃く残っています。外観も水平のラインを強調したようなデザインです。1階の外壁だけ縦張りにしたのは、師匠へのささやかな抵抗でしょうか。

関連記事