toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

建築士が3年に1回愚痴を言いたくなる日

<2018-10-17>

昨日は、一級建築士の定期講習でした。姉歯建築士による耐震偽装事件以来、建築士法が改正され、建築士事務所に所属している建築士が3年に1回、受講を義務付けられている講習です。

建築家のSNSを見ると、受講日は、ほぼ間違いなく皆さん愚痴を言っています。笑

愚痴を言いたくなるのもわかります。なにせ、忙しいのに、朝から夕方まで終日、拘束されます。しかも、講義は録画された映像を延々と見せられるだけ。講義の後には、試験もあり、合格しないと建築士の資格が更新されないので、さぼるわけにもいきません。

受講料12000円。

全建築士に義務づけられているということは、どこかで、3年に1回、安藤忠雄さんや隈研吾さんも受講しているのかな。ご苦労さまです。

関連記事