toggle
家は買うものではなく創るものです「アトリエ橙(だいだい)奥山裕生」(東京都・練馬区)

「西落合の家」一年点検

<2019-01-20>

西落合の家

「西落合の家」一年点検。住宅設計の仕事をしていて、引渡しの日と同じくらい楽しみな日でもあります。設計・施工期間中は、定期的にお会いしていた建て主さんご家族も、竣工後はお会いする機会が減り、一年点検は久しぶりにお会いする機会となります。どんな風に暮らされているのか?お子さんは大きくなったかな?住んでみて気づかれたことはあるのかな?

もちろん、いいことばかりとは限らず、時には設計あるいは施工的に反省しなければならないこともあります。そういうネガティブなフィードバックは謙虚に受け止め、今後に活かさせて頂きたいと思っております。「西落合の家」では、無垢の板で造った引き戸が少し反ってしまい、建具屋さんに直してもらうことになりました。やはり、無垢板の建具は難しいものです。細心の注意と工夫が必要です。

他には特に不具合もなく、建て主さんらしい多趣味な暮らし方を思う存分、楽しまれていました。「引っ越してきて、すぐに暮らしが馴染みました。暮らしやすいです。」「夏はいい風が入って過ごしやすいんです。」「この吹抜や階段、お客さんや親戚が褒めてくれるんです。」などとおっしゃって頂き、一緒に立ち会った監督さんやスタッフと共に喜びを共有できて良かったと思います。

西落合の家

音楽も大好きなご夫婦。「宙に浮いているように見える?CD棚」も、びっしりCDが並べられていました。

「西落合の家」(新宿区)詳細はこちら

関連記事