toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

マンションリノベーション工事費の相場価格

service02

今朝、郵便受けに入っていたリフォーム会社さんのチラシ。

チラシ一面に、リフォーム工事費の金額が赤い字で大きく並んでいます。

ユニットバス 定価の50%オフ!
システムキッチン 定価の50%オフ!
その中でも、特に目に留まったのが、
「マンションリフォーム・スケルトンコース 60m2 680万円(税別)」という価格!

安い!と一瞬思いましたが、

よく見ると、オプション項目がずらり。(笑)

給湯器、造作家具、エアコン、照明器具、分電盤・・・など。

それはそうですよね。

それらをざっと、電卓で概算をはじくと、

150~200万ぐらいは行きそうです。

となると、合計830~880万円(税別)

といったところでしょうか?

坪単価に直すと、45万~48万円(税別)

アトリエ橙の設計事例の坪単価(約47万円)と

ほぼ同じ価格帯になります。

一方で、仕上げなどの仕様は大きく異なります。

【チラシに書いてある標準仕様】(新建材)

床:複合フローリング、CFシート

壁・天井:ビニルクロス

建具:既製品(おそらくシート貼り)

【アトリエ橙の標準仕様】(自然素材)

床:無垢フローリング+自然塗装

壁・天井:珪藻土またはエコクロス

建具:木製建具+自然塗装

kg_LDK-4

このように考えると・・・

実質的に、リフォーム会社さんの方が、

工事費が高いとも言えるのですが、

これはおそらく、チラシなどの宣伝広告費、

営業マンの人件費、ショールームなどの維持費などが、

工事費の中の経費として計上されてくるからだと思います。

もちろん、設計事務所の場合は、

工事費以外に、設計監理料(工事費の12%前後が相場)

が発生しますが、上記のように比較してみると、

設計事務所に依頼することは、けっして高くないことが

おわかり頂けるのではないでしょうか?

pt_LDK-1
関連記事