toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

家づくりの流れ

土地や予算が決まっていない場合は無料勉強会へ

家づくりのスタート、まずは土地探しからという方も多いかと思いますが、いざ、土地探しを始めようと思っても、何から始めればいいのか、わからないもの。
「不動産屋さんに相談に行ったものの、建売住宅とか建築条件付き土地ばかり奨められて困りました。」と事務所に訪ねて来られる方が多いのが現状です。
アトリエ橙では、土地探しの無料勉強会を開催しています。土地探しの相談をしたので、設計を依頼しなければならないということはありません。設計の依頼先は、土地が見つかった後、ゆっくりとご検討頂ければ結構です。
また、資金計画についても、ご相談に乗らせて頂いております。
(土地探しの詳細ページはこちら。

相性の良い設計事務所をじっくりとご検討ください。

ホームページやブログをご覧頂いて、アトリエ橙にご興味を持って頂きましたら、メールで無料相談のお申込みをお願いします。初めての家づくりで、わからないこと、不安なことだらけだと思います。よくお話を伺い、出来る限り丁寧にわかりやすくご説明させて頂きたいと思います。なお、無料相談は1回とは限らず、2回でも3回でもOKです。
何度かお会いして、一緒に家づくりを楽しむことが出来そうだと思って頂ければ、設計契約のご検討をして頂ければ結構です。それまでは、費用は発生しません。
「設計事務所を3社ほど比較した上で決めました。」という方もいらっしゃれば、「初めて設計事務所を訪問させて頂きましたが、他と比較することなく、帰りの電車の中で夫婦で話し合い、直感で依頼を即決しました。」とおっしゃって頂く方もいらっしゃいます。
いずれにしても、相性の良い設計事務所をじっくりとご検討くださいませ。
(無料相談のお申込みはこちら。)

uchiawase01

建築家が作りたいものを一方的に提案するスタイルではありません。

アトリエ橙では、基本計画案の提案の前に、ヒアリングにヒアリングを重ねて、じっくりとご要望をお聞きしています。建築家が作りたいものを一方的に提案するスタイルではありません。「私達の要望をよく聞いて頂き、でも、それをそのまま実現するのではなく、要望を整理した上で、プラン提案して頂けたのが良かったです。」と言って頂けるのが、私達のスタイルだと思っております。

打ち合わせは毎回、議事録を作成します。

基本計画案がまとまりましたら、そのプランをもとにさらに設計打ち合わせを重ねていきます。およそ3週間に1回というペースです。打ち合わせは、毎回、議事録を作成し、次の打ち合わせの際、前回の議事録を確認してから進めるという形式で進めさせて頂いております。なお、設計期間は、木造2階建ての場合、6~8か月が標準です。

uchiawase02

コストコントロールが得意な設計事務所です。

実施設計図面がまとまりましたら、工務店をご紹介し、工務店に見積依頼を行ないます。見積期間は約3週間です。初回見積金額が予算をオーバーした場合は、再度、お打ち合わせをさせて頂き、減額のための設計変更を行ないますが、アトリエ橙の場合、約85~90%の物件の初回見積金額が、予定金額のプラスマイナス5%以内に納まっております。
「大幅な予算オーバーを覚悟していましたが、あれもこれも諦めることなく、実現できることになって本当に嬉しいです!」と毎回、どなたにも言って頂けるよう、建て主さんとご協力しながら、設計打ち合わせを進めたいと思っております。

家づくりをトータルでサポートします。

最終金額と内容が決定しましたら、工務店と工事契約を結んで頂きます。設計事務所も、監理者として、工事契約書に署名捺印いたします。通常、契約時に、工事金額の10%を前金として、工務店にお支払頂きます。あらかじめ、住宅ローンのご検討をお願い致します。もちろん、住宅ローン、資金計画のご相談にも乗らせて頂きます。アトリエ橙は、家づくりをトータルでサポートできることが特徴の一つです。

安心して、家づくりの過程をお楽しみください。

地鎮祭の後、いよいよ工事が始まります。設計事務所は、原則として、週1回のペースで現場監理を行ないます。現場では、もちろん、現場監督さんが、工事が図面通りに進んでいるかどうかをチェックしますが、さらに、設計事務所が二重チェックを行うという体制です。
安心して、家づくりの過程をお楽しみください。工事期間は、木造2階建ての場合、5~6か月が標準です。

uchiawase03

顔の見える家づくりこそが本当の安心。

着工から1~2か月で上棟を迎えます。上棟式は、儀式という意味合いよりも、建て主さんと職人さんのコミュニケーションの場とお考えください。誰が家を作っているのか?誰のために家を作っているのか?を確認するための場です。
「職人さん、監督さんのお仕事に対する考えを聞かせて頂いている間、『この方々に我が家を作って頂けて本当によかった』と何度も思いました。」
家づくりを大手ハウスメーカーに依頼するというのも、ひとつの安心だとは思いますが、このように、顔の見える家づくりこそが本当の安心と言えるのかもしれません。

嬉しくもあり寂しくもあるお引渡し。

完成検査を経て、竣工・お引渡しとなります。「家が完成するのは嬉しいのですが、楽しい家づくりが終わってしまう寂しさの方が大きいです。」と言って下さることも多いです。設計者冥利に尽きるお言葉です。また、設計者にとっても、お引渡しは、想いを込めて育てた娘を嫁に出すような寂しさがあります。(笑)  建物に愛情を持ってお住み頂ければ、私たちも幸せに思います。