toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

成田東の家(杉並区)

<ゆとり住宅×二世帯住宅×自然素材住宅>

吹き抜けや富士山が見えるブリッジを中心としたゆとりある住宅です。障子を通した優しい光と吹き抜け上部からの光が、珪藻土の壁を優しく包み込むリビングダイニングを計画しました。

  • naritahigashi_外観
    外観

物件概要

物件名:成田東の家

所在地:東京都杉並区

構造規模:新築木造2階建て

延床面積:42坪

家族構成:60代ご夫婦+子供+母親

ご依頼の経緯:知人

建て主さんから寄せられた声

新居に入居して、住み心地の快適性に満足しています。「家は買うものでなく創るものです」の奥山さんのメッセージを改めて実感しました。

住んでみると、木部の納まり、開口部の大きさ高さなど設計の肌理の細かさに感心することが多かったです。左官屋さんのコテ仕上げの凹凸や塗壁の厚さの質感が良く、気持ちを和ませてくれます。照明や差し込む光で生じる光と影の表情の豊かさ、床材や建具の木材との自然素材による調和がクロスにない豊かさを感じます。

工務店の選定は、3社競争見積より適正価格で信頼して工事を依頼できる工務店1社に絞る提案がありました。現場に行き、何か手を抜いていないかと思うより、安心して仕事を依頼できる方が、多少工事費を必要としても良い選択でした。

今の時代、安心して仕事を依頼できる機会は多くなく、少ない機会を得られたと思っています。
関連記事