toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

大山の家(板橋区)

ohyama_リビング

物件概要|

所在地:東京都板橋区 /

構造規模:新築木造2階建て /

延床面積:28坪+ロフト3坪 /

家族構成:40代夫婦+子供2人 /

ご依頼の経緯:HPを見てお問合せ

(2017年竣工)

【スタッフM】

今日はこれまでの家づくりについて振り返りながら、お話をお伺いできればと思います。どうぞよろしくお願い致します。
お引渡しから2ヶ月が経ちましたが、住み心地はいかがですか?

【建て主Mさん(ご主人)】

住み心地はもう最高ですよ(笑)!風通しや湿気などの問題が一切なく、清々しいというか。早朝なんかはまるで高原にいるみたいです、冗談抜きで。風がサーっと入って、鳥の声が聞こえて…すごく気持ちが良いんです。湿気がないのは左官壁のお陰なのでしょうね。それが、引越してまず気付いたことでしたね。

【建て主Mさん(奥様)】

今は外出していても、家に帰るのが待ち遠しくて(笑)。早くおうちに帰りたくなっちゃう。

【建て主Mさん(ご主人)】

そう。駅から歩いて帰ってくるとちょうど我が家が真正面に見えてくるんですけど、窓から明かりが点いているのなんか見えたりすると、ほっとするんですよね。ああ、いいもんだなぁって。帰ってくるのが楽しみですね。

【スタッフM】

料理、洗濯、掃除など、家事についてはいかがですか?

【建て主Mさん(奥様)】

台所仕事をやるにしても、以前と比べてとてもやる気が出ます(笑)。洗い物もとても楽になりましたし。
洗濯物も、良く乾くんです。日当たりや風通しの良いようにバルコニーをつくっていただいたんだなあって。前の住まいは乾きが悪かったんです。掃除もとっても楽です!
今は家事がとても良く進んでいると感じますよ。

【奥山】

他に暮らしが変わったという感覚はありますか?

【建て主Mさん(ご主人)】

買うものが変わってきたという感覚がありますね。天然素材のもの、特に本物の木でできたものが欲しいと思うようになりました。前は、プリントものでも気にならなかったのに…。

【建て主Mさん(奥様)】

あと、シンプル志向になりました。引越しをきっかけに物を減らしたこともあると思いますけど。

【建て主Mさん(ご主人)】

家具から何から、ほとんど捨てちゃいましたからね。新しい我が家には必要ないと…それが良かったのかな。

【建て主Mさん(奥様)】

子供が小さければいろいろと物も多くなっちゃうと思うんですけど、うちはもうある程度大きいので、本当に必要なものだけしか新居には持ち込みませんでした。

【奥山】

なにかここで一旦リセットできたというような感覚でしょうか。

【建て主Mさん(ご主人)】

そうそう、そんな感じです。もう、生まれ変わっちゃった、みたいな感じですよ。
本当に家も失敗したところが何もなくて、気持ちが良くて、本当に良かったなと思ってますよ。自然のものって、身体に溶け込んでくる感じがします。

◇家づくりを思い立ったきっかけ

【奥山】

さて、家づくりについて少しだけ振り返って頂きたいのですが、まず最初はどういった経緯があったのでしょうか。

【建て主Mさん(ご主人)】

家を建てようと思い立ったのは、私の旧家が雨漏りするなど傷んできていたのと、あとは大きな地震も怖いので、これはなんとかしないと、と。

◇家づくりの依頼先

【奥山】

家づくりを相談するにあたって、うちの事務所以外にお話を聞きに行かれたりしましたか?

【建て主Mさん(ご主人)】

近所の建築屋さんを当たってみたりしたんですが、「お宅の敷地だったらこういう感じ」などといった決め付けられた感じの対応で、プラモデルでもつくるような、そういう印象でした。それでは面白くないなぁ、というのがあって、インターネットでいろいろ調べてみたときに、奥山さんのHPにビビッと来たわけです(笑)。

【建て主Mさん(奥様)】

どうして奥山さんのところへたどり着いたんだっけ?

【建て主Mさん(ご主人)】

板橋区の設計事務所で探したんだと思う。それで、HPにあった事例写真を見たときに、照明計画のカッコ良さに目を奪われて。私の中では奥山さんのことは「光の魔術師」と呼んでます(笑)。

【奥山】

奥様としては設計事務所に家づくりを頼むということについてはどのように考えていらっしゃいましたか?

【建て主Mさん(奥様)】

やはり、ちょっと敷居が高い気がしていました。すべてオーダーメイドということは、自分の希望を叶えてくれそうだけどそのぶん予算も掛かるんじゃないかとか、自分たちには分不相応じゃないかとか…。

◇設計打ち合わせについて

【奥山】

実際に打ち合わせが始まって、どのようにお感じになりましたか。

【建て主Mさん(奥様)】

何もかも分からないことだらけでしたので、不安でした…でも、そういうことについては奥山さんが分かりやすい言葉で一つ一つ本当に丁寧に説明してくださったので、最後にはもう本当にアトリエ橙さんに頼んで良かったなって思いました。設計事務所の良くない話も聞いたことがあったのですが…アトリエ橙さんは、全然イメージと違ったなって。ちゃんと私たちに寄り添ってくださって、こちらの提示した予算内にきっちり収めてくださって、こちらの納得できるもの、希望以上のものにまとめてくださったので、本当に良かったです。

【奥山】

喜んでいただけて、私たちもとても嬉しく思っております。

【建て主Mさん(ご主人)】

そう、本当に予算というのが一番大きな問題だと思うんですよ、自分たちの希望もたくさんある中で…。でも、どこに重点を置いてどこは削ってもいいかを考えるということ、バランスを取ることが大事ですよ、とよく奥山さんはおっしゃってましたよね。

【建て主Mさん(奥様)】

バランスがとても良かったよね。私たちの話もきちんと聞いてくれつつ、いろいろとプロとしての提案もしてくださって、偏ることがなくて。こちらがきちんと納得できて、それでお願いします、って言えるようなところまで説明をしていただけたので、それはもう感謝です。

【建て主Mさん(ご主人)】

奥山さん、大変だろうなって思いましたけどね(笑)。でも、本当に楽しみながらやれましたから。それが一番です。毎回、打ち合わせ楽しかったですよ。それが、現場も合わせて一年くらい続いたわけでしょう。だから、家が完成しちゃったらなんだか寂しくてね。月一回の打ち合わせが当たり前になっちゃいましたからね。もう一回、家建てちゃおうかなって(笑)。
でも本当に、打ち合わせで図面とかを見せていただいても私たちはすぐには理解できなかったりしたから、楽しく雑談のような形で進められたのは私にはとても良かったですよ。

【建て主Mさん(奥様)】

そう、図面の説明を一つ一つしてもらって、その時は「へぇ~」って思うんだけど、想像できないからちゃんとは理解してないのよね。だけどあとで形になって「これがあのとき説明してもらったことか!自分の想像を超えて良いなあ!」と分かったとき、またそれも信頼に繋がりました。

【スタッフM】

息子さんは、家づくりの過程をご覧になってどう思いましたか?

【息子さん】

僕も一度事務所での打ち合わせに参加していろいろお話を聞いたものの、どんな家が建つのかというイメージは出来ていなかったんですが、こうして完成してみて…すごいな、の一言ですね。
上棟式に参加して、この家をつくってくださる職人さんたちとお話したり交流が出来たのも、良かったなって思いました。

【建て主Mさん(ご主人)】

本当にそうですね。チーム・奥山でしたよね!(笑)本当に感動しましたから、あの職人さんたちの仕事には。感謝しています。奥山さんたちにもですよ。ですから、皆でつくりあげたものです、この家は。

【建て主Mさん(奥様)】

私としては、女性のスタッフの方がいらっしゃると話しやすいということも大きかったですね。やっぱり。どうしても、男性目線と女性目線と違うところがありますので、いてもらえて心強かったです。

【奥山】

娘さんは、うちのスタッフに憧れて建築の専門学校に通うことになったんですものね。

【建て主Mさん(ご主人)】

娘の勉強見てやってくださいね(笑)。

◇工事中の現場訪問

【奥山】

現場に入ってからはいかがでしたでしょうか?

【建て主Mさん(ご主人)】

職人さんの手で一つ一つ出来上がっているというのがすごいよね。リビングの左官壁にしても、本当に見事だよね。チーム・奥山の皆さんに感謝です。

【奥山】

私は脇役です(笑)。

【建て主Mさん(ご主人)】

いえ、棟梁もおっしゃってました。他の建築家先生は、自分が良ければそれでいいという人が多いけど、奥山さんはお施主さんに寄り添ってやってくれる人だから、住みやすい家になりますよって。

【建て主Mさん(奥様)】

そうそう、奥山さんみたいな建築家はなかなかいないよってね。それは現場からの声ですから、信用できます。

【奥山】

うちの事務所も、工務店、職人さんに恵まれているというのが強みです。

【スタッフM】

腕の確かな職人さんに喜んで仕事をしていただくことが、家のクオリティに繋がるということを私もひしひしと感じています。

◇最後に

【奥山】

最後に、これから家を建てる方に向けてメッセージをお願いします。

【建て主Mさん(ご主人)】

遠慮せずに、自分の思っていることをまずは伝えてみることだと思いますね、肩肘張らずに。

【奥山・スタッフM】

ありがとうございました。

関連記事