toggle
想いに寄り添う家づくり「アトリエ橙+建築家・奥山裕生」(東京都・板橋区/練馬区)

AK511(川崎市)

<家族がリビングに自然と集まる暮らし×築12年×専有面積62㎡>

限られた面積の中で寝室スペースは割り切り、リビングダイニングを優先した間取りになっています。

リビングには、勉強机やパソコンコーナー、小上がり畳などを造作し、家族が自然とリビングに集まるような仕掛けをつくっています。

  • ak_リビング-1
    リビング

物件概要

物件名:AK511

所在地:神奈川県川崎市

専有面積:62㎡

家族構成:30代夫婦+子供2人

マンションスケルトンリフォーム

☆ リフォームのきっかけ 
 子供の成長と収納力不足

☆リフォームのご要望
 子供が部屋に籠もらずコミュニケーションが取れる間取り

建て主さんから寄せられた声

小上がりのベッドは当初の予定通り使っています。ブラインドを下げれば、音や気配もさほど気にならず、快適です。

リビングの長いカウンター机もよく使っています。

関連記事