LN502

マンションリノベーション×自然素材を楽しむ暮らし

練馬区のプロジェクトですが、仙台にお住まいのクライアントご家族からのご依頼でした。すでに中古マンションを購入され、翌春に転勤のご予定とのこと。アトリエ橙としては、初めての遠方からの嬉しいご依頼。何度か打ち合わせに行かせて頂いた仙台の街はすっかり馴染み深い街になりました。いつもご用意して頂いていたスイーツも仙台へ行く楽しみの一つでした。

△リビングの天井を照らす間接照明と、ダイニングカウンターの手元を照らす間接照明。

△空間全体を自然素材で構成しています。自然石(大谷石)、無垢の木(ナラ、タモ、ピーラー)、左官(珪藻土)、それらの素材を間接照明によって、引き立たせています。造り込み過ぎず、壁や天井を「面」としてシンプルにデザインすることが大切です。

△リビングや洗面所に繋がる住まいの中心となるキッチン。温かみのある木とタイルで構成しています。

△クライアントのご要望により「大谷石」を採用しました。室内で「大谷石」を使用したのは初めてでしたが、珪藻土、無垢材、間接照明とも相性がよく、今後にも可能性を感じる素材でした。

物件概要
物件名:LN502
所在地:東京都練馬区
専有面積:78.25㎡
家族構成:30代ご夫婦+子供2人
ご依頼の経緯:掲載誌を見て

建て主さんから寄せられた声

ご提案いただいたプランは良い意味で予想外でした!
丁寧にヒアリングいただいた私たちの希望が、随所にバランスよく盛り込まれていました。
素晴らしい家で、たくさんの家族の時間を作っていきたいと思います。
完成後も遊びに来ていただけるとうれしいです。