toggle
家は買うものではなく創るものです「アトリエ橙(だいだい)奥山裕生」(東京都・練馬区)

富士見の家モデルハウス(練馬区)

<建築家自邸×都市型住宅×自然素材住宅>

建築家・奥山裕生の自邸です。アトリエ橙のモデルハウスを兼ねています。

限られた敷地面積(24坪)のため、さまざまな割り切り方・工夫を試みています。

ソファの代わりにサンクンリビング、食卓の代わりにカフェカウンター、そして、必要最低限の個室ユニットなど。狭いながらも、ゆとりと遊び心を大切にした住まいです。

物件概要

物件名:富士見の家

所在地:東京都練馬区

構造規模:新築木造2階建て

延床面積:23坪+ロフト2.5坪

家族構成:40代夫婦+子供1人

fujimiサンクンリビング

△床を2段ほど掘り下げたサンクンリビング(沈み込んだリビング)。ソファを置かない代わりに、どこでも多くの人が座れるベンチ形式としています。

fujimi階段ホール

△階段ホール。リビングへの入り口です。階段正面の壁にはフランク・ロイド・ライトの照明器具を設置しています。

fujimiサンクンリビング

△リビング吹抜。奥はダイニングカウンター。上部はロフトです。ロフトの穴から足を投げ出して、リビングのテレビを見下ろし、映画鑑賞を楽しめます。映画館の2階席のようなイメージでつくりました。

fujimiカフェカウンター

△ダイニングは、省スペースを目的として、食卓テーブルを置かず、カフェカウンター+ハイチェアとしています。背面は、パソコンカウンターと日用雑貨をしまうための壁面収納としてます。

fujimi洗面所

△脱衣洗面所はコンパクトに機能的に造作。ハンガーやタオル類を引っ掛ける場所を多く作っておくと便利です。

fujimi寝室

△寝室はそれぞれ3.75畳の個室。部屋の半分を小上がりベッドにして、本棚と机を造作すれば、3.75畳で十分快適に過ごせます。

fujimi玄関

△玄関ホール。下足収納+間接照明+ニッチで構成しています。姿見鏡は扉に取り付け、扉を90度開いた状態で使えば、靴を履いてからも全身チェックができます。

fujimi外観

△外観は、左官材と木で構成しています。植栽は、アオダモ、ジューンベリー、ヤマモミジなど。

fujimi外観

△玄関ポーチ。木製玄関ドアと木製ルーバーがアクセントになっています。木製ルーバーの奥には浴室の窓があります。

自分が設計した空間に暮らすことで、日々、多くの気付きがあります。

この経験を生かし、より暮らしやすい家づくりを目指していきたいと思います。

関連記事